おすすめリンク

日本トリムの人気の整水器

日本トリムの豊富なラインナップの中から、あなたにぴったりの整水器の見つけ方をご紹介します。

水にも硬さがある

今、ウォーターサーバーの種類は、数えきれないほどあります。
基本的に、水を定期的に届けてくれることには変わりありませんが、迷っている人はまず、水の種類、サーバーの使いやすさで、決めていくのはどうですか。
水の種類は、大きく分けて、二つ。
天然水か、RO水に分けられます。
天然水とは、特定の水源で汲み上げられた地下水で、科学的な調整がされていない、天然のミネラルを含んだ水のことです。
RO水は、水道水や蒸留水などをろ過し、ミネラルを添加した、人工的につくられた水になります。
なかには、天然水を原水として、RO水にしているものもあります。
不純物を最小限に抑えたい人には、RO水がおすすめです。
赤ちゃんのミルク作りを目的としている時は、ミネラルの量や、ろ過方法を考えに入れるのもいいかもしれません。
続いて、サーバーの使いやすさですが、縦長の大きなものから、卓上タイプのもの、さまざまな形があります。
ウォーターサーバーは大体、チャイルドロックが付いていますが、意外にも子供のいたずらで、火傷をするケースは少なくありません。
そんな事故を防ぐためには、子供の手の届かないところにおける、卓上タイプが向いていると思います。
そして、けっこう見落としがちなのは、サーバーにクリーンシステムがついているかどうかです。
クリーンシステムとは、雑菌が繁殖しないための機能ですが、勝手に作動するもの、サインが出て自分で行うもの、などいろんなタイプがあるので、そこも自分好みのものを見つけるといいと思います。

赤ちゃんのためのサーバーはどんなのがいいの?

ミネラルが多い水は、硬い水。 つまり硬水ということです。 赤ちゃんに適している水の硬さは、軟水とされています。 大人には、必要不可欠な栄養のミネラルですが、内臓機能が整っていない赤ちゃんは、ミネラルの調節をうまく行えません。 そのため、ミネラルを摂りすぎてしまうと、お腹を壊してしまうのです。

重さも気にならない

ウォーターサーバーの水は、とても重いです。 大きいものでは、12リットルあります。 交換時、お年寄りや女性などでは、扱いがとても大変なので、その点が気になる人は、本体の下部に置くタイプのものがいいでしょう。 引き出しの中に、水のタンクを入れるだけで交換が終わりなので、とっても簡単に使用することができます。

注文数にしばりがないか確認してみる

ウォーターサーバーを契約していれば、水を届けてくれるので、重いペットボトルを買ってこなくてもすみ、楽ちんです。 しかし、何日周期に、何個発注しないといけないノルマがあるところが多いので、使用頻度が少なければ損をしてしまうことあります。 生活スタイルにあった業者を選ぶように、注意しましょう。

▲ページTOPへ戻る