赤ちゃんのためのサーバーはどんなのがいいの?

安心、安全、便利がそこにある

ウォーターサーバーを決める時は、やはりコスト面も気にかかります。
初期費用、サーバーレンタル代、配送代、メンテナンス代など、いろいろな料金がかかってきます。
その中でも気になったのが、けっこう高い電気代です。
いつでも、冷たい水、熱いお湯が24時間用意されていれば、電気代も上がってしまいます。
設置後の電気代は、平均で1000円ほど上がってしまうようです。
1年経つと12000円にもなるので、これを高いと感じる人もいるでしょう。
ただ、ミルク、離乳食作りの為だけにお湯を沸かすガス代、ポットで保温しておく電気代、など考えたら、それほどの損ではないのかなと思います。
そこがどうしてもデメリットと思ってしまう人は、暗くなると、自動で省エネモードになるサーバーもあるので、考えてみてはいかがですか。

浄水器とサーバーの違い

安全なお水を求めるなら、浄水器を使う手もあります。
サーバーと比べて、浄水器はスペースもとりませんし、電源もいりません。
しかし、浄水器本体で取り除ける不純物は限られていますし、いい成分まで取り除いてしまうものもあるのです。
今は、通販やホームセンターなどで手軽に購入することが出来るので、水道水を直接使うのには抵抗があるけど、わずらわしい契約などが嫌いな人にはいい商品といえるでしょう。
赤ちゃんがいる家庭などで、より安全、安心を求める人は、やはりウォーターサーバーを選ぶべきです。
浄水器と比べ、コスト面も変わってきますが、その分メンテナンスや、確実に安全な水を使用できること、水道のない場所でも使える楽しみがあります。
何よりも、災害の時の水確保ができるのは、ウォーターサーバーの大きなメリットです。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
▲ページTOPへ戻る